一般社団法人東日本大震災生活支援協会

熊本被災地現地ボランティア募集!

  • HOME »
  • 熊本被災地現地ボランティア募集!

■ボランティア募集にあたって


5月末、熊本地震で最大震度7を記録した益城町、西原村、南阿蘇村へ行ってまいりました。倒壊した住宅、寸断されたままの道路、崖崩れが起こっている山の斜面、いまだ避難所や車内で生活する被災者。被災地の状況は4月14日から時が止まっているかのようでした。
今回、西原村の村長およびボランティア団体代表の方々と会合し、被災地の現状や課題をヒアリングしてきました。インフラの復旧や仮設住宅の建設など喫緊の課題もありますが、GWを過ぎたあたりからのボランティアスタッフ減少も深刻な問題となっています。
LSAは被災地の長期的サポートに力を入れるため、現地に一定期間滞在して活動して頂けるボランティアスタッフの募集を始めます。世間の関心が薄れていく中でも、私たちは被災地に寄り添い状況を発信し続けていきます。

一般社団法人東日本大震災生活支援協会 代表理事 丹野康之

IMG_4992

 

■募集スタッフ概要


1.運営事務スタッフ
・活動場所:熊本県内の被災地、益城町、西原村、南阿蘇村等
・内容:現場調整、事務、状況報告など
・条件:事務作業を7日間以上継続可能な方/パソコンのできる方(ネット環境は共有Wi-fiのみ)
・必要人数:2名以上

※事務作業時でも当団体規定のビブスなど着用願います。
※一日の終わりには作業報告をお願いします。

44910_395191630562498_928094517_n

 

2.運転ボランティア
・活動場所:熊本県内の被災地、益城町、西原村、南阿蘇村等
・内容:ボランティアさんを現場まで送迎、トラック、ダンプでがれきや物資などの搬送
・条件:5日間以上継続できる方、自動車運転免許中型以上の所持
・必要人数:1名~

13313664_1100889069971501_747711198_o

 

3.神奈川県内での事務、管理スタッフ
・活動場所:横浜市
・内容:かながわ県民センターにて被災地支援事務、報告作業等
・条件:7日間以上継続できる方
・必要人数:1名~

 

4.ドローンを用いた空撮スタッフ
・活動場所:熊本県内の被災地、益城町、西原村、南阿蘇村等
・内容:ドローンを用いた被害状況の確認等の作業、行政や被災者とのドローンを使った支援の調整
・条件:7日間以上継続できる方/ヘリ等のラジコンの操縦経験がある方/柔軟な対応ができる方
・必要人数:1名~

ドローン

 

■実費負担・各自お持ち頂くもの


・現地までの交通費(現地活動用車両含む)
・活動中の食事費等
・装備(マスク、寝袋など)
・宿泊施設の光熱費として1泊500円(10日間以上従事して頂ける方に限り協会が光熱費を負担します)長期滞在できる方は無料

 

■宿泊施設について


・施設名:『南阿蘇ギャラリー 葉な木(はなもく)』
・住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰5262-67
・設備:ロフト付き和室/電気あり/シャワーあり/トイレあり/洗面等可能/寝袋は各自持参
・禁止事項:室内での喫煙/資材放置/届け出なしの飲酒
・近隣施設:ボランティアは一回200円で入浴できる銭湯があります。

※南阿蘇村の個人の提供により宿泊先が確保されています。整理整頓、毎日の清掃をお願いします。
※寝る場所など部屋の使用はスタッフの間で決めてください。
※他の宿泊者(ボランティア、現地被災者含む)がいる場合があります。

はなもく

 

■注意事項


・この活動は被災地熊本を支援する神奈川県内の支援団体で運用している協力事業です。
・ボランティアは自己責任、自己完結でお願いします。

 

■受付専用フォームはこちら


 

募集概要をよくお読み頂き、同意できる方のみご応募ください。
※ボランティア活動保険に未加入の方は加入して頂きます(協会負担)。
※メール対応可能な方のみお受け付けいたします。
※ボランティアの高速道路料金免除申請は事前に各自で確認してください。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.